月別アーカイブ: 2014年11月

中学受験で学習塾に通うメリット:先生から常に最新の情報を受け取れる

地域によっては、子供が通う塾に同じ学校の生徒が多いこともあると思います。

このような環境では、子供の集中力が削がれることがないか、親としては心配になるものです。

そのため、学校は遊び友達、塾は勉強仲間と割り切って付き合いを行うことが大切になります。

お互いに学力向上を優先条件として切磋琢磨できる関係は塾の交友関係として理想的です。

ある程度、実績のある進学塾に通い、中学受験という強い目標を与えると子供は勉強の話を塾で友達と共有できるため、なかなか飽きることはありません。

中学受験において、受験に成功する生徒の共通した特徴は、時間の使い方が巧みであり、オンとオフの切り替えがとても上手であることが多いです。

中学受験はまず入ることが目的であるため、そのための最短距離を最速で進む道具として塾は存在します。

塾などで配布される、資料や子供の持ち帰る試験データには必ず目を通しておくことが重要です。

塾の担当教師とは、綿密に連絡をとり、なんでも相談してコミュニケーションを取ることを心がけましょう。

そうすると、志望校の定員の増減、入試問題の傾向の変化など、様々な情報がいち早く回ってきます。

情報をどれだけ掴み取れるかによって結果は大きく違ったものとなります。

名の通った進学塾であるならば、志望校決定のポイントや、自宅での接し方について丁寧な対応をしてくれます。

逆に言うと、それを怠っている塾はあまり良い塾とは言えず、子供の将来を考えると、避けた方が無難であると言えます。