中学受験の励ましの言葉を贈ることについて

私立の有名難関の中学受験を考えている親御さんにとっては、受験生に励ましの言葉をかけるのは大きなプレッシャーになることも多いのは事実です。小学生や中学生は思春期でもあり、感情が揺れ動く時期でもありますので、過度に無理させてしまうのは得策ではありません。

あくまでも本人の希望を優先させる立場が一番良いと言えます。中学受験を行うきっかけとして多いのは、実は親御さんが公立よりも私立の教育環境が優れていることで、それを本人にススメて本人が志望する場合が多いです。

そのため、本人が本気で中学受験を考えているのかや本人の性格を見計って、励ましの言葉をかけるべきです。中学受験では合否がありますので、不合格になる場合もあります。

そういった不合格になる場合も想定しておくことも必要です。たとえ不合格になっても、それだけで人生の総てが決定しないこと、過去の偉人たちも挫折を乗り越えて大きくなったことを励ましの言葉で考えることも良いです。

合格したら努力が報われたことで褒めることも欠かすことは出来ません。そして、不合格になった人もいるはずなので、そういう人達のことを考えて学業に専念することを伝えるべきです。